闇の子供たち

闇の子供たち

2008年8月2日に封切られたこの映画は、タイで横行する人身売買や幼児買春を描いた衝撃作である。「血と骨」などの梁石日の原作を「亡国のイージス」などの阪本順治がメガホンを取り映画化。タイでの幼児人身売買・売買春の実態に迫っていくというストーリーで、目を背けたくなるような現実を、鋭く描く社会派の作品である。ボランティアとして子供たちを救おうと奮闘する女性を宮崎あおいが、それとは正反対の立場で葛藤する新聞記者を江口洋介が演じている。公開当初はたった7館での上映だったが、その後102館にまで拡大する異例のヒット作となった。心臓手術でタイに行った日本人の少年が、タイ人の少女から生きたまま心臓の移植を受けたり、白人男性に性的虐待を受けるタイ人の少年の姿は衝撃的だ。

ストーリー

新聞記者の南部(江口洋介)は、タイの臓器密売について調査をしていた。そこでわかったことはドナーからは「生きたまま」臓器を抜き取るという衝撃的な事実だった。同じころ、ボランティアとしてバンコクの社会福祉センターで働く恵子(宮崎あおい)も子供たちの現実を目の当たりにしていた。売春宿で働かされている少女、アランヤーから一通の手紙が届いたのだ。その手紙には「病気に掛かった子供はゴミ袋に入れられて捨てられる」「助けてください」と書かれていた。一方南部は、臓器売買の事実を取材しようと、恵子のいる社会福祉センターを訪れていた。

南部と出会い、臓器移植の話を聞いた恵子は日本に渡り、タイで心臓移植をしようとしている子供の両親の説得を試みた。しかしその両親は、タイでの実態を知った上で心臓移植を望んでいるという。自分の子供を助けるためとは言え、タイの子供が犠牲になってもいいのかと激昂する恵子を、両親は無情にも追い出すのだった。

タイでは、なんとか子供たちを救おうとする南部の姿に共感した、フリーカメラマンの与田(妻夫木聡)も仲間に加わりアランヤーの救出に向かって動き出していた。手紙にあった「ゴミ袋に入れられて捨てられる」という情報を頼りにゴミ収集車を見張る恵子たち。そしてついにアランヤーの救出に成功するのだった。

さらに南部と与田は、心臓移植が執り行われる日を特定し、ドナーとなる子供が病院に連れて行かれる姿を写真に収めることに成功する。社会福祉センターの所長が呼びかけた臓器売買の抗議集会も始まり、すべては順調に進んでいるかと思われていた…。

主な出演者

南部浩行…江口洋介
日本新聞社バンコク支局駐在の記者。
音羽恵子…宮崎あおい
NGO団体のボランティア。
与田博明…妻夫木聡
バックパッカーのフリーカメラマン。
梶川克仁…佐藤浩市
商社マン。重い心臓病を患う息子をもつ。
梶川みね子…鈴木砂羽
梶川克仁の妻。

スタッフ

  • 監督・脚本:阪本順治
  • 原作:梁石日
  • 企画:中沢敏明
  • エグゼクティブプロデューサー:遠谷信幸
  • プロデューサー:椎井友紀子
  • 音楽:岩代太郎
  • 撮影:笠松則通
  • 製作者:気賀純夫、大里洋吉
  • 制作委員会メンバー:セディックインターナショナル、ジェネオンエンタテインメント、アミューズ
  • 配給:ゴー・シネマ

主題歌について

桑田佳祐:現代東京奇譚

映画の重苦しい雰囲気を振り払ってくれるような桑田の声に、ほっとした人も多かったのではないだろうか。この曲はアサヒ飲料「WONDA」のCM曲である「ダーリン」のカップリング曲で、カップリングが映画の主題歌となるのはサザンオールスターズ名義の曲を含めても初めてのことだ。弦・管編曲は斉藤ネコが担当している。発売前に行われた全国ツアー「呼び捨てでもかまいません!!『よっ、桑田佳祐』SHOW」では演奏しなかったが、2008年のAAAライブイベント「昭和八十三年度!ひとり紅白歌合戦」では桑田作の楽曲の中で唯一演奏された曲である。桑田はこの曲について、「果たしてこの曲は、あのとき(上記イベント)歌った“ザ・ピーナッツ”や“欧陽菲菲”など、僕が影響を受けてきた人たちへのオマージュがいっぱい詰まっているといっても過言ではない」と語っている。

値札のついた命

この映画はタイで行われているとした、人身売買や幼児買春の現実を描いている。タイでのロケにこだわり、失声症になるほど悩みながらも、執拗なまでに性的虐待のシーンを撮り続けた阪本監督。その意図とはなんだったのだろうか。

身近にある問題

この映画は、「幼児の人身売買、売春というショッキングな真実を描いたノンフィクション映画」と宣伝されてきた。あたかも実話であるかのような宣伝方法に疑問を感じる人も多かったようで、ネット上などで批判が相次ぐ事態となった。これに対し映画のPR担当者は、「身近にある問題として感じてほしかった」と説明している。また、阪本監督は読売新聞のインタビューで「脚本化に先立つ現地調査でフィクションではなく真実だと分かった」と答えている。生々しい性描写や過剰とも取れる宣伝の影に、製作者の真実を伝えたいという強い気持ちが見て取れるのではないだろうか。

撮影について

阪本監督は「以前ドイツの映画クルーが同じテーマで撮影を試みた際、地元マフィアに銃で襲われ妨害されたことを知り、背筋が凍ったが、タイでのロケにこだわった」と説明している。また、度々見られる不快な描写については「タイ人のキャストにも、作品意図を説明し、理解してくれる俳優だけを選び、どう表現するかについて議論を重ね、納得して『全部分かった』という返答がないと、撮影には入らなかった」と釈明した。また性描写の撮影では、子供と大人を別々に撮影し、大人の裸体を見せない、大人に背を向けさせて撮影するなど、タイの子役に対して慎重に配慮した。鎖につながれて虐待を受ける子供のたちの撮影では、自身も失声症にかかるほど悩み、子役やその親に、「なぜこの演技が必要なのか」を繰り返し説明したそうだ。

バンコク国際映画祭での上映中止

「闇の子供たち」は当初、バンコク国際映画祭の「Made in Thailand」部門にノミネートされた。しかし開幕の数日前になって主催者側が、タイ国内において敏感な「児童買春」に関する内容が含まれていることや、観光のイメージアップにふさわしくないことを理由に上映を中止した。また、映画祭の運営委員長であるヂャールーク・ガンヂャールーク氏はこの映画の撮影が、タイ国立映画協会に無断で行われたと主張し、上映中止の理由のひとつに挙げている。このことについて製作側は「現地の警察に協力をお願いし、許可を受けて行っている」と反論している。また、阪本監督は上映中止を受けて「残念の一言です。上映が成立し、タイ人の意見、批判、感想を聞きたかった」などと話している。現在、タイ国内での上映を目指し、子供の虐待シーンなどをカットするなど再編集をしている。

感想

この映画はフィクションだ。しかし、タイでは実際に人身売買が行われ、年端もいかない少女や少年が売春宿で働かされている。日本からそう遠くない国で、日本では考えられないような過酷な人生を歩んでいる少女たちの姿が鮮明に、そして過激に描かれている。貧困のために親に捨てられ、たった8歳で大人の性欲の対象とされ、エイズになれば生ごみと一緒に捨てられる。そんな少女の姿は、思わず目を背けたくなるが、そうした被害者がいる中で、加害者の中に日本人がいることもまた現実なのだ。作中ではいろいろな立場の日本人が描かれている。息子の命を救うために、違法な臓器移植をしようとする日本人。NGO団体で子供たちを救おうとする日本人。新聞記者としてジレンマを抱えながらも戦う日本人。そして、買春する日本人。ここに出てくるような人間が本当に存在するかどうかは分からないが、そういう事実もあるということから逃げてはいけないと考えさせられる映画だった。映画に取材協力した大阪大学医学部の福嶌教偉は「タイで日本人が心臓移植を受けた例はない」としているが、日本ユニセフがウェブサイトで「現実を映し出している」「内容はドキュメンタリーと同じ」と表現している点も興味深い。現地を知る人にとってこの映画は現実なのだ。そういった現実をいかに受け止め、自分に何ができるのか考えるきっかけとして、この映画は十分すぎるほど役割を果たしているのではないだろうか。